スポンサーリンク

 

PAK_HANEDA0I9A2735_TP_V

 

みなさん、旅行は好きですか?
私は国内旅行が好きで、毎年1回は必ず行きます。その中でも、特に北海道が大好きです。
今回は、生まれも育ちも北海道の航空会社AIRDO。
そんな「北海道ならでは」のサービスを提供する魅力のAIRDOについて教えますので、最後まで見て下さいね。

 

国内線の中でも地域密着型のAIRDO

毎年、仕事やプライベートで必ず利用するAIRDOですが、とてもアットホームな雰囲気で乗っていてとても快適なんです。私はAIRDOの機内に入ると、なんかすでに北海道にいるような気分になります。笑
しかも、キャビンアテンダントの細かいおもてなしや気配りが行き届いていて完璧なんです。

 

そんな中、自分が機内で一番楽しみにしているのが、北海道の味が味わえる無料のドリンクサービス。
中でも、北見産のタマネギを贅沢に使用した「オニオンスープ」は、機内でも人気ナンバー1の一品となっているほどです。

 

さらに、温かい飲み物はほかにも札幌の名店、珈房サッポロ珈琲館のオリジナルブレンドコーヒーがあります。なので、いつも乗ると何杯か頼んでしまうんですよ。
ここまで地元のものに特化したサービスを行う航空会社はほとんどなく、とても貴重ですよね。

 

国内線で指折りのリーズナブルな価格

東京(羽田)と札幌(新千歳)を結ぶ区間は、世界的に見ても屈指の便数で運航している路線です。
普通、地方に行く際に飛行機を調べるとなかなか便数がないんですが、AIRDOは便巣が多くて、時間も組みやすいので便利なんです。そもそも、「格安な運賃で運航できる航空会社を北海道に作って、北海道の経済に貢献したい」。そんな思いからAIRDOが始まったらしいです。なので、通常期の東京(羽田)~札幌(新千歳)の普通運賃は大手航空会社に比べて低価格なんですよね!

スポンサーリンク

 

また、北海道の航空会社ならではの運賃として「北海道発往復割引」というのもあり、30日以内に北海道から往復する場合に利用可能なので早めに予約を取るのもおすすめです。そして、単純な往復だけではなく、例えば行きは旭川→東京(羽田)、帰りは名古屋(中部)→札幌(新千歳)というような行程でも利用出来るので、プライベートでもビジネスでも両方で使えるんです。うれしいですよね。

 

AIRDOカードを持っておくことでさらならおトク特典!

AIRDOには、「MY AIRDO」という会員カードがあります。自分も会員カードを利用していますが、凄くお得で乗れば乗るほどAIRDOポイントが貯まり、特典航空券に交換できるんですよ。また、ポイントをとにかくたくさん貯めたい方は、「AIRDO CARD」を使うのがおススメ!ベア・ドゥがデザインされた可愛らしい「クラシックカード」とAIRDOポイントがさらに貯まりやすい「ゴールドカード」の2種類あるんです。

 

入会すればクラシックカードなら200ポイント、ゴールドカードなら300ポイントが付与されます。また、今なら入会で最大1,200ポイントがもらえて、そのポイントを家族や友人にプレゼントをすることも出来きます!さらに、AIRDOには独自のシステムがあるんです。それが・・・「道民会員」というシステムです!

 

道民会員には、北海道に在住している。本籍地が北海道である。本社所在地が北海道である企業に勤務している。という条件はありますが、道民割引の運賃で北海道に行けちゃうんです!

 

その価格は「札幌-東京(羽田)」路線の場合、普通運賃と比べておよそ23%も安くなるんです。とてもお得に感じませんか?それ以外にも、一度会員登録を済ませると、会員本人だけではなく二親等以内の親族も、会員と同行することができるようになります。運賃が安い上にフレキシブルなので、もうこの運賃タイプを利用しない手はないですよね。

 

最後に・・・!

最近は海外旅行に行く人達が多くなってきていますが、国内旅行も沢山の魅力があるんです。それを理解しないで、ブームに流されていると勿体ないですよね。
日本だからこそ味わえる国内線の良さを感じてみてはいかがでしょうか?

 

お申込みボタン1

 

AIRDO

http://www.airdo.jp/ap/index.html

コメントを書く







コメント内容


商品一覧